コメレオンblog

自転車に乗っている時のことをいろいろ話したい

カテゴリ: ロングライド

【1】  【3】  【4】  【5】

2018-06-02 07.30.14


行田駅を出発し「道の駅 はにゅう」から利根川CRに入ったのが7:30頃。

快晴で、ほどよく風がある、朝の空気。

速度も距離も気にせずペダルを回しているだけで気持ちがいい。

今日やるべきことは「このままずーっと走って海に出る」、これだけ。

人生のボーナスステージだなと思った。



続きを読む

【2】  【3】  【4】  【5】

2018-06-01 21.30.00

(出発前夜)


ハルヒルに向けて山ばっかり登っていたこの3ケ月。

流石にGW頃になると「たまには平らな道をのんびり走りたい」と思うようになっていた。

そんな折に嫁から「梅雨に入っちゃう前に泊まりでしか行けないようなとこに行ってみれば?」なんてお言葉が。

なんなら予算の補助もあると言う。

すわこれは不倫妻の常套手段かとの不安が頭をよぎり些細なケンカでついつい手を上げてしまう、ような事はまったくなく「そっかー、ふーん、じゃあどこいこっかなー???」と想像をめぐらせ、PCで地図を開く。

「海が見たい」

日程を決め、宿を取って、怪獣のバラードを口ずさむ日々が始まった。



続きを読む

【1】  【2】  【3】

170517112258_0[1]

(公式より引用)


つまごいパノラマラインが終わり、400mほどの下りを堪能する。

飛び込んでくる非日常感に溢れた景色に目を奪われっぱなしだったが、下りに入るまでの約80kmで獲得標高は1700mに及んでいる。

言ってみりゃ登りっぱなし、少しは脚を休めてもバチは当たるまい。


JR吾妻線・長野原草津口駅、15時頃。

とりあえず駅構内にある長野原・草津・六合ステーションでお土産を買う事にしたが、さて。

十数kmの下りの中どうしようかとずっと考えていたのだが、ここで一つの選択を迫られる事になる。



続きを読む

【1】  【2】  【4】

2018-04-29 11.12.11


改めてになるが「つまごいパノラマライン」とは群馬県吾妻郡嬬恋村に全長約30kmに渡って敷かれた広域農道である。

8月頃、収穫時期を迎えたキャベツが広大な農地一面に広がる光景が有名。

なわけでバカみたいに見通しがよく、その農地を耕すための農業機械(トラクターなど)もバカデカいし、それらが通行しなければいけないのでこれまたバカかよってくらい道も広くて走りやすい。

そのため、トラクターのみならずバイカーや僕のようなチャリダーにとっての楽園になっているわけだ。

つまごいパノラマラインは、北軽井沢側から入って浅間山の北の裾野を通る「南ルート」と、嬬恋村から入って草津白根山の裾野を通る「北ルート」に分かれる。

今回は南ルートからスタートし北ルートに抜ける。



続きを読む

【1】  【3】  【4】

2018-04-29 10.24.54


軟派な男女のゆるポタ電動アシスト自転車ども(なんて言い草だ)を横目に、硬派で孤高のジジイチャリダーはロマンチック街道をゆくぜ。

と登り始めたはいいが、ものの10分でビシバシ鞭に打たれて瀕死に。

斜度は6~8%とそこまでキツいわけではないが、路面もあまり良くないし、何より交通量が多くて緊張感でヘトヘトになってしまった。

あまりロードバイクには向かない道だ、日本ロマンチック街道。

でも峠まで登り切った所に現れる浅間山はなかなか壮観だった。

ここまで近づくと、前橋から遠く見える浅間山とはまるで印象が違って雄々しく。

それでいてここまで電車に乗り峠を1つ越え2つ越えフラフラになって見上げた先に、こうもどっしり同じ浅間山に鎮座されると、お釈迦様と孫悟空のような気分になってしまった。



続きを読む

↑このページのトップヘ