【1】  【2】  【4】

2018-04-29 11.12.11


改めてになるが「つまごいパノラマライン」とは群馬県吾妻郡嬬恋村に全長約30kmに渡って敷かれた広域農道である。

8月頃、収穫時期を迎えたキャベツが広大な農地一面に広がる光景が有名。

なわけでバカみたいに見通しがよく、その農地を耕すための農業機械(トラクターなど)もバカデカいし、それらが通行しなければいけないのでこれまたバカかよってくらい道も広くて走りやすい。

そのため、トラクターのみならずバイカーや僕のようなチャリダーにとっての楽園になっているわけだ。

つまごいパノラマラインは、北軽井沢側から入って浅間山の北の裾野を通る「南ルート」と、嬬恋村から入って草津白根山の裾野を通る「北ルート」に分かれる。

今回は南ルートからスタートし北ルートに抜ける。



南ルート~昼食

2018-04-29 11.44.25


コースレイアウトとしてはアップダウンを繰り返しながら、全体的には250mほど上昇する十数km。

6~7%程度でサラ脚ならほどよく飽きのこない気持ちよさかもしれない。

ここまで50km近く、1000m以上標高を稼いだ昼飯前の僕にはそこそこしんどい行程。


ダメダメだなぁ~、と思いつつ、随所に景色と下りのご褒美が待ち構えているので、ヘバるほどペースアップするのも無意味だし、目を奪われる景色を見つけては脚を止め写真を撮るを繰り返し、時間を忘れて進む。


2018-04-29 11.33.44

2018-04-29 11.33.55

2018-04-29 11.44.18

2018-04-29 11.45.23


繰り返しだが、つまごいパノラマラインはあくまで広域農道であって、ツーリング客向けの観光地ではない。

だからコンビニなんていうものはまったくない、さっぱりない。

飯屋もねえ、自販機もねえ、でもオラこんな村イヤじゃない。

水だけはフル補給していたので持ちそうだったが、どこかでパンかおにぎりでも調達してからと考えていたらタイミングを逃したまま入ってしまった。


さて、そろそろ昼だしどうするか、一端外れて店を探すか、というところで南ルートの端に一軒、定食屋があった。


2018-04-29 11.52.19

『けんちゃん食堂』


自販機もある、時刻は11:52。

サイクルラックはないので、バイカー達からは少し離して壁に立てかけロックする。

中に入ると、テーブル席と座敷席があり、数組が飯をワシワシ食っている。

それほど席も埋まっていなかったでの、1人で申し訳ないが座敷の端っこに荷物を置かせて頂き、足をゆっくり休めさせてもらった。

頼んだメンチカツ定食はキャベツたっぷりのシンプルな味わいで、揚げたてカリッカリ、ソースを絡めて食が進む。

ご飯は普通でお願いしたが出てきたのは丼飯というところが、いかにも田舎の飯屋だなーという感じ。

腹減ってたんで完食余裕。



北ルート~終点

2018-04-29 12.50.41


丼飯を1粒残さずたいらげ一服していると、ぽつぽつとお客さんが増え始め席が埋まってきたので先に進む事にする、メンチ定 750円。

北ルートに入っても伸びやかで『大地!』を感じさせる景色が続く、アップダウンも続く。

南ルートは比較的小刻みに登り下りを繰り返している感覚だったが、北ルートは(僕の入った方向からだと)大きく登って大きく下る、視界も開けた箇所が多くアドベンチャー気分がより高まるルートだった。


2018-04-29 12.53.21


2018-04-29 12.53.44


2018-04-29 12.54.56


2018-04-29 12.57.39


2018-04-29 13.25.59


2018-04-29 13.51.09

みんなここで写真を撮る、僕が撮っていると追いついてきたバイカーの集団もカシャカシャやっていた。

ここを過ぎれば終点はもうすぐ。


ところで、肝心のサイクリスト・チャリダーとも何人もすれ違った。

普段CRや公道ですれ違った時は軽く会釈するくらいだが、やはり「旅」のテンションなのか行きあった時のサインもフレンドリーで大きな人が多かった。


撮った写真を確認するのにスマホを覗きこんでいると「おぅい!」と声をかけられ、ファッ?!と顔を上げると年季の入った渋カッコいいジジイチャリダーが真っ黒な日焼け顔から白い歯を覗かせて「こんにちわ!」と通り過ぎていった。(明らかに僕なんかより体が「出来上がって」いた)

会釈だけでなく片腕を「よっす!」って感じで上げるハンドサインが主流のようだったので、僕もそれに倣っていたんだが、一度はドッシ!ドッシ!と擬音が付きそうな感じで登っている巨躯の外国人男性が全力のピースサインで応えてくれて、ああ、やっぱここは「そういう場所」なんだなと思った。


近所の平坦をポタリングしてたり、自分の好きなペースで気持ちよく走ったり、そういう時ってこのテンションが「正直うざってえな」と思うこともあるでしょ?

僕もそうだからよくわかる。

でもここは「よっす!」で、全力ピースでいいんである。

それが気持ちいいって感じられる、「そういう場所」なんだなと。


2018-04-29 13.59.49


そして終点。

ああ、楽しい場所が、今回のメインが終わってしまった。

一抹の寂しさを覚えつつも、朝からずっとアップダウンを繰り返しているので脚にもけっこうきていた。

ここから大きく下って長野原、JR吾妻線の沿線まで出る。



今回のルート

map03


(次で終わります)


【1】  【2】  【4】




にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングもクリックお願いします!