2018-04-12 08.59.35


半月ぶりの休日なのでゆっくりすればいいものだけれど、本番まで1ヶ月ちょいとなってしまったのでまた榛名山に繰り出す。

今年3回目。

いつもの麓ローソンでドリンクの補給を済ませ、何か軽く入れたいが天気も良く汗もかいてるので甘い物よりしょっぱい系を軽く食べたい。

かといってパン1個じゃ重すぎる、うーん、と思っていたらプロテインバーにチキン味が出ていたので味見する。

悪くない、チキンってーか主にコンソメとかブイヨンの味だけど、ベイクドチョコは甘いしウエハースは水分を悪戯に奪うので、こういう味が1種類あってもよい。



更に一歩前進、しかしまだまだ

さっそく結果から。


strava


前回よりもう6分縮めて60分台には乗れた。

できれば65分を切っておきたかったが、最終盤が完全なカスッカス状態で足を着かないだけで精いっぱい。

体幹をより大きな面積で使って脚に頼らないフォームを、というテーマでの練習効果は出ているが、純粋に筋力が足りないために脚が残っていても腰がひしゃげそうに痛んで力が入らず、荷重の掛け方がめちゃくちゃになって激坂過ぎからがダメダメだった。

これは昨年もあったけれど、背筋対して腹筋が弱いために起こりがちな状態。


しかし初心者ゴールまでの序盤も順調で、途中にある平地セクション、下りセクションではしっかり30km/hオーバーまで引っ張れていて、そこだけ見ればタイムも悪くなかった。

後半までダンシングも混ぜて、先の勾配を見ながらのギア選択を心がける余裕があった。

ペース配分と最後まで持続できる体幹、あとこれができれば本番までにもう少し縮むだろう。

体重も落としておいた方がいいんだろうけど。



ポンコツ脚への秘密兵器

脚に頼らず体幹で、を意識しつつも、やはり負荷が上がると脚にも頼らざるを得ない。

そして脚への負担が増えるとまた膝が痛くなってしまう、昨年末にやった左膝はもうすっかり何ともないが、最近は右に軽めの痛みや違和感が出るようになってしまった。

そこで覚えたての秘密兵器・キネシオロジーテープの実践投入



詳しくはこちら

キネシオロジーテープLABO|トワテック リサーチ


伸縮性のあるテープを筋肉に沿って貼る事で、その部位の動きをサポートしてくれる代物。

「こんなテープごときの伸縮性で……」と眉に唾付けていたが、貼ってみると全然違う、特に痛めている箇所が楽に動く。

これはぜひロングライドやヒルクライムのおともにせねば、と6個パックを買った。

左右のハムストリングスに貼って家を出たが、不安を感じさせない脚の軽快さだった。


ロングライドの時なんかは下手すると家から100km離れた所で膝が痛くなったりするんじゃないか、という不安感があるが、前もってがっちりキネシオっておけば安心できる。

通気性もあって汗にも強いので、ヒルクライム中に不快感もなかったし、帰ってくるまで剥がれたりも全くなかった。

こりゃちょっとしたドーピングじゃねえのかい?、とさえ思う「いい物」だ。



どうやらツイてない日

この日、走りに関しては終始調子は良かったが、どうやらそれ以外は運気が向いていない日だったようで、よろしくない事が続いた。


まず榛名山まで向かう途中でババアに轢かれかける。

家を出るのが8時前くらいになってしまい、平日なのでちょうど出勤時間帯、走っている車はみんなちょっとセカセカして余裕がない。

こっちが優先道路を直進、対抗側の脇道から出ようと一時停止してタイミングを計っているババア。

この手の人は、こちら側を全く見ないまま出てきたりする事があるので、そういう場合はこっちが直進だろうが優先だろうが最大限警戒する、これは自転車でも自動車でもそうするようにしている。

この日のババアはガッツリこっちを見ていたのに、当てにきてるんじゃないかってくらいのタイミングで飛び出てきて、思わずうおおおぉぉおぉ!と叫びながら若干後輪を浮かせて急停止させられた。

左は見てるけど車の有無しか視界に入っていないのだろう、このタイプもいるんだと学習した。


こういう時でもとっさにビンディングを外して接地できるようになった事を確認できたのは、まあ百歩譲って収獲ではあった。

前なら確実に立ちゴケしてたし、そしたら今回の500倍ブチ切れてたなと思う。

ババア感謝しろよ。


続いて榛名山からの帰宅途中でうんこを踏んだ。

どうも伊香保で立ち寄ったコンビニ辺りでうんこを踏んだらしい。

そう言えば、そこを出る時に右のビンディングが少しハマりにくかった。

下り終えた辺りで、何かの拍子でふっと気付いたら右のペダルが泥だらけになっていて、なんだこりゃと思ったら右のクリートにも泥がみっちり詰まっていた。

で、落ちてた木の枝でこそいでみたところ、どうも泥じゃなくうんこだった、毛も交じっていたので犬のうんこだろう。


2018-04-12 11.27.25

(伊香保付近の標高ではまだ桜も咲いていました)


正直言って、クリートでうんこを踏んだままビンディングしてしまうと最悪な事になる。

クリートとペダルでギッチリとうんこをプレスサンドしてしまうので、もう枝やアスファルトでこそいだくらいではどうにもならない。

帰ってからの後始末を考えただけで暗澹たる気持ちになる。

何で寄りにもよって、クリートの上のジャストの位置で踏んでしまうかな?!と何もかもが許せなくなる。

ていうかこの平成のご時世に犬のうんこが落ちてるかね?!落ちてるものかね?!!


2018-04-12 11.27.36

(街中で満開だった時期にゆっくり眺める暇がなかったので嬉しい景色でした)


帰宅後、ペダルの方はウェスで拭けばキレイにはなったけれど、クリートの方がもう最悪だった。

まず間違いなく全バラシしないとキレイにならない、シューズからクリートも外さなきゃだし、インソールの下にある土台も外さないと細かい溝にさえ詰まってしまっている。

というか外そうにもアレンキーを差し込む溝にまでみっちりうんこ詰まってて差せないからね!

まず爪楊枝で六角の穴に詰まったうんこをほじくる作業からだからね!

何だよそれ!こんな仕打ち受けた事ことねえよ!


2018-04-12 11.27.15


もうこの苦々しさは写真付きでクリーニングレポしないと伝わらないとまで思ったが、さすがに高圧プレスうんこの画像を何枚もブログに貼るのは気が引けたので、桜の写真に代えさせて頂きました。



にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングもクリックお願いします!