高崎から最寄りの激坂・桜山公園にクロスバイクで突撃してきた 【前編】

「汗だくですよ」

コンクリゾーンを越えた後も10%超えはちょくちょく出てくるし、喘息みたいになってる息を整えるだけで精いっぱい。

決して楽な斜度ではないんだが、一度ベリーハードモードを通り抜けてきているので1桁%なだけで楽に感じる。

9%は息を整えられるし、8%なら脚を休められる。

7%なんかボーナスゾーンだし、6%に至ってはもはや平坦。

もし5%以下が出てきたら下りだと感じられるだろうな。


後半2kmはひたすら「斜度」に占領された脳が水族館のマグロ水槽みたいに頭の中をぐるぐる回遊しているだけで、たまに口からこぼれてぶつぶつ言ってたかもしれないけど、マグロの行く末なんかどうでもいい。

早く楽になりたい。

あと1.5km……

1km……

……駐車場……こちら


……つ、着いた~


駐車場に入る手前には誘導のおじさん達がいて、ちなみに自動車・バイクなどは有料。

自転車は何かあるんですか?と聞いたら、自転車は普通に素通りで空いてる所に停めればいいと教えてもらう。

04

「これ持ってっていいよ」とマップをくれたいいおじさんは、駐輪場所なんかより気になっている事があるみたいで、

「汗だくですよ」

と教えてくれたが、知っている。

おじさん達は山頂10℃もない気温の中で寒いだろうけど、そう僕は汗だく、知っている。

「めっちゃしんどかったです~」

と言い残して駐車場へ降りていった。


ってなもんで、何か撮ろうなんて考えは頭から消えていた。

その代わり、登り切ってからの山の景色はぼちぼち撮ってきたのでそれで締めたい。



桜山公園散策

05


06


07


08


09


10

冬桜と紅葉を楽しんでいたらすっかり体が冷えたので、饅頭と甘酒で温まってから下山。

桜の咲き具合はこの日(12月3日)でもうかなり終盤という感じで、残念ながらもう来年までこの景色は見られないと思います。

もう少し早く行ってブログに書ければよかった。



ナイトメアモード

【前編】で紹介したように登山路は一方通行規制がかかっているので、登りルートとは反対側から下山する事になります。

こちらは更に斜度がきついので下りは十分注意が必要。


そして、観光シーズン以外の時期なら登る事も可能。

今回がベリーハードモードだとすれば、こっちのナイトメアモードにもいつか挑戦してみたい。

まさか3…%、なんて出ないよな?と思いつつ。



高崎から最寄りの激坂・桜山公園にクロスバイクで突撃してきた 【前編】




にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングもクリックお願いします!