2021-01-31_09-46-05_448


2021/1/31

冬の最中ではあるが、積雪量もいったん落ち着いたようなので沼田方面へ向かってみる。

この季節、北に向かうのはどうも何かとハードルが高い、雪の心配もあるし、風も強烈。

この日は比較的天候もよく、午前中は風も弱いらしいのでまあ行けるかなと。

目指すのは沼田市戸神町の戸神山、800m足らずの低山で難所もなく歩きやすいらしい、念のため残雪対策に簡易スパイクだけ持っていく。

が、なんか近付くほどに上空が怪しい感じなのは気のせいですかね。



ライドパート

2021-01-31_map1


自宅からは片道45kmほど、獲得標高はなんだかんだ800mくらいになった。

山行時間が短いのと、帰りの追い風を考えてまあトータルそんなに大変じゃないだろう、という計算。


しかしまあ、そんな風に思った通りに事が進んだりはしないってのはわかってきた。

比較的風が弱いと予報されていた午前中からがっつり北風びゅんびゅん、寒いは進まないわ。


2021-01-31_10-19-17_799


渋川を抜けようかという辺りからは雪もチラつき始めた。

キンキンに冷えて乾いた向かい風を浴びながら走っていると、「そうだそうだ、そうだった、これが冬の群馬だった」と何なら少し懐かしささえ覚え始めた。

自転車で群馬のあちこちをめぐるようになって数年、良くも悪くも小賢しさを身に着けて、こういう「天候のドアウェイ感」みたいなものをかわすのが上手くなってしまった。

こんな風に真っ向からぶつかっていくのは本当に久しぶりかもしれない。

勝手もわからずガムシャラに走っていた数年前の感覚を思い出して、めっちゃ寒いし進まないんだが、ちょっと顔がニヤけてしまう変なゾーンに入って乗り越えた。


2021-01-31_10-28-12_479


沼田市に入り目指す戸神山の姿が見えてきた。

遠くからは真っ白に煙っているように見えた空の様子も、近くまで来てみればそれほどでもない。

山肌が白くなっている風でもなし、これくらいならハイクは順調だろう。


2021-01-31_10-43-39_579


つうことで登山口着が10時半頃。

7時半過ぎに家を出たので休憩含めて3時間くらいか、やっぱり風の分少し時間がかかっている。

虚空蔵菩薩堂というお寺の駐車場にデポして、サクサクとハイクの準備を整える。



ハイクパート

2021-01-31_map2


行動時間だけなら往復で1時間ほどのサクっと登って降りられる里山。

正月三が日な事もあってか地元の方々を何組も見かけた、そういうところも含めて以前行った

吾妻山に雰囲気が似ている。

土地に根付いた、という言い回しがしっくりくる。


2021-01-31_10-47-07_725

2021-01-31_10-58-58_445

2021-01-31_11-09-34_985


お堂の前を通り、往路はちょっとしたガレ場、鎖場もある急坂から。

ここまで冷たい北風にびゅおんびゅおん吹かれながらペダルを回し続けていた「ツケ」がきて、たいして歩いてもいないのに脚の付け根のあたりが攣りそうになる、情けない。

短い山行ながらいいアクセントになる登り。


2021-01-31_11-21-56_339

2021-01-31_11-22-24_585

2021-01-31_11-30-31_097


あっという間に山頂に着いてみると、陽射しも暖かくとても雪が舞っていたとは思えないくらいの陽気。

誰もいないのでゆっくりする、眺めも360度ビューでよい。


2021-01-31_11-23-09_083


戸神山から更に北側、みなかみ町の方を見るとはっきりわかるくらい雪深くなっていて、その先は雪煙にかき消されて見えない。

この季節に来られるちょうど分水嶺なのかもしれない、このへんが。


2021-01-31_11-57-52_589


復路はぐるっと迂回する作業道からのんびり帰る。

ただの散歩道という感じ、登山口まで戻ってまだ12時半くらい。


体も冷えちゃってるので早めに帰路についたが、案の定帰りはなかなかの追い風で。

そりゃあもう速かったんである、めっちゃ気持ちよかった。




にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングもクリックお願いします!