2020-11-22_11-17-40_305


年も明けましたが2020年の話がまだいくつか残っております。


2020/11/22

群馬の僻地でパンクしたと思ったらチューブが貼りついていて1時間以上立ち往生した、という前回のライドアンドハイクでは本来、西上州の立岩に向かうつもりであった。

登山口の線ヶ滝までもそこそこ距離があり上りもあるので、かなり時間をひっ詰めないと収まらない計画だったのにこの有様、タイヤをこねくり回している途中から「まあこれは今日は無理だ」と判断した。

かと言って修理が終わったのが10時半頃、このまま帰るのも何やら惜しい。

「そうだ、あそこがあった」と思い出したのが今回の桧沢岳である。



修正プラン

2020-11-22_map1


線ヶ滝までは距離も少し伸びるが、それよりも上りでけっこう時間を食らう。

初めて行くので想定外への対応が出てくれば更に余裕が無くなるだろう。

桧沢岳の登山口まではあと13kmほど、上りも200mくらい、夏に塩ノ沢峠を走った時に通っているので予測もできる。

確か山行もコンパクトに2時間くらいで周回できるはずだ。


急いでYAMAP地図をダウンロードして向かった。



後半ヒヤヒヤの2時間ハイク

2020-11-22_11-34-19_812


登山口にデポして、休憩もそこそこにザクザクと入っていく。

11時半スタートだ、2時間としても1時半になってしまう、そこから50kmの帰路、日没時間なども考えて逆算して、やっぱりここはサクっと回っちゃいましょう。


2020-11-22_11-44-57_030


入って早々から割と急登、山頂付近までずっとこんな感じ。

晩秋という事もあり落ち葉が積もっているので、膝には優しいが滑りやすいに地面が見えないのでやたら何かと蹴躓く。


2020-11-22_12-12-52_713

2020-11-22_12-15-56_874


40分ほど黙々と上り、西上州らしいごっつい岩塊が見えてきたなと思ったらロープの張ってある分岐へやってきた。

桧沢岳、西峰・東峰への分岐である。

最高地点として登録されているのは東峰、周回コースも東峰を通過していく。

が、眺望が良いのは西峰らしい、先にそちらへ向かってみる。


2020-11-22_12-20-09_012

2020-11-22_12-20-16_417

2020-11-22_12-20-37_093


特にロープが無いとキツい箇所はない、保険に軽く握る程度で西峰へ。

なかなかの絶壁と見渡せる西上州の山々、特に妙義が見渡せる辺りがなかなか気持ちいい。

天気も良く、時間に余裕があったら言うことなし。

しばらく眺めたらササッと下って東峰に向かう。


2020-11-22_12-24-01_594

2020-11-22_12-28-49_605


東峰への登りも同じくらい、危なっかしい所はなし。

こちらは小さなお社があって、景観はなし、狭く、山頂というだけの感じ。

12時半になってしまったので手早く昼食、今日ようやく落ち着いた気がする。


2020-11-22_13-02-43_285


さて、と下りに入ったのだがまあ道を見失いがち。

登山者も少ないので登りから感じていたがテープも最低限で自己判断が求められる。

その中にあってやたらテープだらけの箇所があったのだが、後から思えばそれだけ「ここ間違う人多いよ!こっちじゃないからね!けっこう危ないからね!」というポイントだったのだろう。

んだけど逆にわかりにくい、なんかいっぱいあるからどっちに行けと言われているのかがようわからん、ただなんか踏み跡がはっきり見えるのでこっちかな、って斜面を降りていく。


まあこれが不正解なんですわな。

明らかにやべー感じのプレ崖みたいになってきた辺りでマップを見直してみると、うん、違った、よく見たらテープも全くなくなったし、つーか既に危ない、気を抜いたら滑落しそう。

で引き返すもさっきの斜面がまた登り返し辛い、粘土質だし急だし落ち葉もあるしで難儀する。


2020-11-22_13-22-12_941


という、たぶん最大の注意喚起ポイントを抜けた後も、割と急斜面を下っていく事になる。

積もった落ち葉で見えない急斜面を下るのがこれほど怖いとは思わなかった。

更にさっきの大間違いと、何度かルートを見失いそうになっている事もあって、完全に疑心暗鬼メンタルになっている。

この山は何か俺をハメようとしている、というかパンクに始まり今日という日がハメようとしてきている。

足元を探り探り、気と大腿四頭筋をパンパンに張りながらの消耗感がしんどい。


2020-11-22_13-38-38_477


んなわけで、沢と交差する地点が見えた時は「ほっ」とした。

やっと降りてこられた。


ここからは危なげなく下山、で帰路に着いたわけで。

急遽のトラブルとプラン変更の割に上手く対応したとは思うが、まあ全体的に綱渡り感のあるライドアンドハイクとなったなあ、という印象。




にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングもクリックお願いします!