2019-11-17 08.10.37


2019秋のツーリング祭りもこれで最後、なぜならもう寒いから。

今年の秋ライドを楽しめたのはこの日が最後である。

そんな2019/11/17、朝8時。

国道254号線から妙義、その向こうに浅間のレイヤーが見える快晴の空。

普段、幹線道路は何かと厄介なので避けているが、今回は254(ニコヨン)をずーっと行って内山峠を目指してみる事にする。



当初のプランと実際のルート

2019-11-17map1


予定ではこう。

254をひたすら登って内山峠へ、その後あらふね山荘に立ち寄り補給をし、県道44号線から妙義荒船林道に入り軽井沢方面へ、最後は碓氷峠を下って横川駅着で輪行。

けっこう登るが距離は100kmちょうどくらい。


2019-11-17map2


しかし実際はこう。

254→内山峠→あらふね山荘、まではよかったが、その後県道44号線沿いに下ってまた254に合流。

ピストンで来た道を帰って終わりの130km、輪行袋もただの重りにしかならなかった。

まあその経緯はこの後で。



荒船山下見の内山峠

2019-11-17 09.19.47


下仁田に入ってようやく「内山峠」の文字が出てくるようになった。

ぐんま百名山ハントをしているなら避けては通れない、いずれ来なければならない荒船山。

日本のテーブルマウンテン・荒船山。

その登山口があるのが内山峠である。

今回はその下見も兼ねてのライド、実際登るのは日も伸びて暖かくなってからにしたい。


2019-11-17 10.06.41


群馬の秋冬というと赤城山を越えてくる北風、いわゆる「からっ風」のイメージが強いが、この時期市街地から西上州へ向かう方面も大概向かい風が吹いている。

面白そうな山はけっこうあるんだが、どうにも億劫になりがちな理由の1つ。

この日も地味にしんどい向かい風が吹いていた。

下仁田に入り、茂木ドライブイン→サンスポーツランドと過ぎた辺りでようやく遠くに荒船山が見えた所で、まだ50kmなんだが割と疲れていた。


2019-11-17 10.28.18

2019-11-17 10.36.59


途中、旧道の方が面白いかと思って入ってみたら、交通量も少ないし景色も良かったんだがアップダウンがバリクソで12%+向かい風という登りを序盤で強いられる。

しかしまあ景色はよかった、道として面白いのは間違いなく旧道、ただしんどい。


2019-11-17 10.43.28


254本線に再び合流後、旧道は諦めようと決意したところで巨大戦艦荒船のシルエットがドジャーン!という擬音付きで見えるくらいの登場。

季節、時刻、天候のバランスでこの日はずっとかっこよかった。


2019-11-17 10.53.28

2019-11-17 10.53.49


やっぱりちょっと遠いけど頑張って来年は登ろう、と決心する。

かっこいい、影までかっこいいなあ、登りたい。

ところで、さっきからずっと荒船山の上空をヘリが飛んでんだけど何だろな?と気になっていた。

途中で1台、なかなかの勢いでパトカーが追い越していったんだが、何なんだ?


2019-11-17 10.59.59


比較的勾配の緩い254本線から、内山トンネル手前でやっとこさ分岐して内山峠へ向かう。

トンネルが貫通する上を目指すので当然斜度はキツくなる、距離は2kmも無いが平均7.5%くらい。


2019-11-17 11.11.01


それでもかっこいいので登れる、景色をご褒美に踏ん張る。


2019-11-17 11.19.36


ようやく内山峠到着、荒船山の登山口も確認し、今回の目的はとりあえず達成~。

と写真を撮っている背後に、ずっとパトカーが1台待機している、たぶんさっき追い抜いていったやつだろう。

これは確実に何かあったな。


後で調べてみてわかったんだが、この日こんな事があったらしい。

荒船山の展望台直下に男性遺体
https://www.sankei.com/region/news/191118/rgn1911180021-n1.html

荒船山と言えばマンガ「クレヨンしんちゃん」の作者も滑落死され、このニュースと同じく艫岩の下から発見されている。

状況的には両者とも、艫岩からの展望を眺めようと身を乗り出して落っこちてしまったんだろう。

マジで気を付けたいと思います。



行き止まりのあらふね山荘→帰路

2019-11-17 11.53.34


写り込んでいるオカマみてえな立ち方をした男は関係ないので無視して頂いて。

内山峠からもうひと登りしてやっとたどり着いたあらふね山荘のレストハウスは、11月の上旬で今季の営業を終了していた。

これはショック、明らかに自分のリサーチ不足とは言えこれは痛い。

補給食はまだいくつかあるものの、ここで飯が食えないのは痛いなー。


まあまだ自販機が外にあって動いていただけ救いがあった、実はもうちょっと前からボトルが空だったんである。

これが動いていなかったら便所水を汲んで生きのびるしかなかった。

ペットボトル1本をがぶ飲み、1本を補充して、補給食を食べ一服して、さてどうするか。

まあ林道は舗装されてるし、15kmくらいだし、下り基調だし、補給食まだあるし、このまま軽井沢に抜けてからなんか食うか!

というプランに半ば強引に切り替えて林道に入ってみた。


2019-11-17 11.56.30


はいアウト。

入って早々にこれである、いやむしろ入って早々でよかった。

この先どうなっているかわかったもんじゃないので、林道を抜けて横川輪行プランはここで破棄する事に。

それにしても、事前にチェックしていた群馬県県土整備部防災情報ではここに通行止めなんか出てなかったけどなー。

と思っていたんだが、そういえばここはもう管轄が長野県なんだった。

「妙義荒船林道」なんて名前だから勘違いしやすいが、この林道は長野県に入るんである。

今日はリサーチミスが多い、こんな日はおとなしく帰るに限る。


2019-11-17 12.17.27


そのまま254をひたすら下ってもよかったんだが、せっかくなので途中までは県道44号線を経由して神津牧場や荒船風穴の脇を通り過ぎて行く事に。

この時の下見が活きて、後日嫁を連れて牧場や風穴めぐりもできたので結果オーライ。


2019-11-17 12.32.50


荒船風穴の駐車場から先はマイカーで乗り入れる事ができないのだが、自転車で通り過ぎるのは構わないという事で通して頂いた。

ただ道幅狭いし斜度がえげつないので、下りだとしてもしんどい、ずっと-20%くらい、下ハンでブレーキ引きっぱなし。

一回通ったらお腹いっぱい。


いや、お腹は全然空いていたので254に合流後ドライブインで手早く済ませて、ただただ来た道を帰る。

帰りは追い風だし下りだし楽でいいやー、とか思っていたら、午後になって赤城からの北風が爆風化してきてラスト10kmくらいの平地が一番キツかった。

(あ~かぁ~ぎぃ~!!!)と魚住以上の憤怒ヅラで無事帰宅。

相変わらずミスもするしトラブルも起こるが、この1年で立て直す力は少し上がったかなと思えるライドでした。




にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングもクリックお願いします!