2019-09-15 07.25.39


2019/9/15 7:30

走り慣れた利根川CRから赤城を眺める、山頂付近には雲がかかっていてはっきり見えない。

うーん、これからあそこまで行くのか、改めてろくでもない遊びをしているなあ、と思ってしまう。

ともあれ、満を持しての赤城山。

榛名山からライドアンドハイクを始め、日本屈指の奇岩帯・妙義山にも登った。

そこからしばらく間が空いてしまったが、これでようやく上毛三山ライドアンドハイク制覇である。

技術的に求められるものは特にない、とにかく体力、ひたすら体力。



赤城山ヒルクライム・スーパーハンデ戦

2019-09-15 09.31.27


何せ普通にロードバイクで登ってもキツい赤城山ヒルクライムコースを、山仕様・総重量18kgくらいのクロスバイクで登るわけだ。

しかもゴールの赤城総合観光案内所は中継点で、そこを過ぎた先の登山口から予定4時間ばかしの山登り、山頂標高1828m。

海抜100mほどの自宅からそこまで人力のみで向かうわけだから、とにかく1も2もなく体力勝負なんである。

大沼周辺が観光地となっているので水は登山口の近くまで登ってから調達できるのが唯一の救い。


2019-09-15 10.22.55


とは言え、やはり重い。

9月末のヒルクライムイベント目前ということで、試走のロードバイクが多数いる中に混じって、誰よりも遅くゆるゆる登っていく。

本番に向けてトレーニングでもしていると思われているのだろうか、などと思いながら休み休み進んで結局2時間半くらいかかってしまった。

赤城コースは最大勾配も10%を切る、いわゆる激坂ゾーンがないのでハルヒルよりは登りやすいと言われている。

しかしこう時間がかかると、20km超という長さはこれはこれでしんどいコースだよなあ。


2019-09-15 10.47.03


大沼まで少し降りる。

自販機で水をボトルに詰めながら、天気は申し分ないが、山に登ったあとまた観光案内所の辺りまで少し登るのが今から億劫になる。


2019-09-15 10.51.30


ほどなくして黒檜山登山口。

さて、ここにきて気付いた、「鍵持ってきてねえわ……」

うーん、と悩んだがゴムチューブでフレームを木に固定しておけばいいか!という事にした。


2019-09-15 11.13.41


ロードならまだしも、この程度のクロスバイクをどうにかしようってのは足代わりに使うかイタズラ目的かそんなところ。

人の出入りも多いハイシーズンの登山口駐車場で、んな奴まずいないだろう、と。

靴を履き替え、荷物をまとめて出発。



黒檜山まで

2019-09-15 11.18.11


登山口は標高1350mほど、まずはまっすぐ黒檜の山頂まで。

入り口から岩だらけのゴツゴツした登り。


2019-09-15 11.31.41


少し登って大沼を振り返る、爽快な景色。


2019-09-15 11.44.50


引き続きゴツゴツ。

そろそろ脚がキツくなってきたので、勾配のある所では岩や木を掴んで上半身も使っていく。

これをやると脚は少し楽になるんだが、全身運動なので息切れが激しい。

なんにせよしんどいんである。


2019-09-15 12.26.03


なんとか取り付きから1時間ちょいで尾根に上がる。

途中ぜーぜーと蹲って息を整えていたらすれ違った方から心配されてしまった。

「ちょっと麓から自転車で来たので、さすがに疲れてるだけなんです」といういつものやりとりをして(えー、太ももが爆発しそう)、ともかくこれでキツい登りは終わり。


2019-09-15 12.28.33


尾根に上がってしまえば、少し歩いて山頂。

山頂からの眺望はあまりなく、少し先の絶景ポイントとやらで昼食にする。

12:30、いい時間。



昼食~駒ヶ岳経由で

2019-09-15 12.32.45

2019-09-15 13.18.25

2019-09-15 13.21.13


雲や白樺で360°とはいかないが、1800mまで来ると眺めの広がりが気持ちいい。

冬も気持ちいいだろうなあ、冬季雪山登山に来る人が多いのもわかる。


2019-09-15 12.43.47

2019-09-15 12.52.28


このしばらく前に買ったイワタニジュニアコンパクトバーナーで鍋ラー、サッポロ塩。

あとサバ味噌缶、くたびれた筋肉にたんぱく質が美味い。

こういう時のたんぱく質は口じゃなくて筋肉で直接食べてるんじゃないだろうかいうくらい染みる。


2019-09-15 13.32.44


下山は駒ヶ岳の方から。

こちらの方が距離は伸びる分勾配が緩やかになるので楽、道の整備もずっと歩きやすいので楽。


2019-09-15 13.57.01


黒檜から2~30分で駒ヶ岳、少しガスってきた。


2019-09-15 14.06.59

2019-09-15 14.07.17


さくさく下る、ちらちらと小沼が顔を出すのが可愛らしい。


2019-09-15 14.10.19


途中、県外からの(方言がキツかったので)ツアー団体さんで少し足止めされるが、慣れた方が最後尾にいたようで「後ろから行きまーす!」とか先頭に声かけてくれた。


2019-09-15 14.35.28


てな感じで、目算通り1時間半くらいで下山。


2019-09-15 14.42.23


再びの大沼湖畔で、ポカリ買ってトイレに寄る。

脚がそうとうキテいたようで、小用を足している間ずっと脚が小刻みに震えていた。

まーなんとか、お疲れ様でした。


前回の四阿山、んで今回と、ハイシーズンに人気の山ばかり登っていたので、基本的には満足な山行だったのだが人の多さにはちょっと飽きてきた。

次はもうちょっとマイナーな山を狙ってみるかな。


あ、自転車は無事でした。




にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングもクリックお願いします!