ライド編

2019-08-04 10.39.33


改めて「四阿山(あずまやさん)」について。

山頂標高2354m、日本百名山にも数えられ、群馬県嬬恋村 - 長野県上田市と県境にまたがっている。

名前の由来は山容が屋根の形に似ていることから「四阿」と呼ばれたとかなんかとか。

雪山シーズンでなければどのルートもそう危険度の高い箇所は無く、日本百名山の中でも初心者向けということでライトなハイカーが多い印象。

ただ標高が高く裾野も広いので山行時間は長くなる、要体力、もしくはゴンドラを使えば嬬恋スキー場から2000m付近までショートカットでかなり楽に山頂は取れる。



鳥居峠登山口~的岩~山頂

2019-08-04 10.13.30


10時も回っているので登山口駐車場には既に数台停まっている。

林道を登っている時にも抜かれたが、原付やバイクで来ている人も珍しくないようだ。

自転車はもちろん他になし。


2019-08-04 10.31.52


もろもろ準備して10:30スタート。

5時間想定で15:30下山か、まあ悪くない、予定通りいけば。

鳥居峠からのルートは二股に分かれているが、往路は的岩方面へ向かう。


2019-08-04 10.53.36


出発から20分くらいでさくっと的岩に到着。


2019-08-04 10.54.19


コースタイム1時間とあったので、さすがに早すぎないか?もしかして想定よりかなり早く進めるのでは?と思いつつ写真を撮る。


2019-08-04 11.29.15


その後もさくさく歩いて、高度を上げていくと急にゴツゴツした路面になり植生が変わった。

マップ上で確認すると、登山口から二股に分かれていた登山道が合流するポイント辺りだ。

的岩からここまでもコースタイムで1時間見ていた箇所、やはりかなり巻き進行、順調順調。


2019-08-04 11.31.14


合流地点には東屋。

少し休憩して、いいペースで昼過ぎにはに山頂に入れるか。


2019-08-04 11.41.12


高い樹木がなくなり目指す山頂を見据えながら登る。

ゴツゴツ路面で歩きにくく、勾配も上がるのでさっきほどいいペースでは進めなくなってきた。


2019-08-04 11.48.35


さっきの分岐辺りで高度も2000mを越えている、朝から動きっぱなしで脚もそろそろ売り切れてきて、息が上がるのが早くなる。

平地より空気が薄い、「空気が薄い」というのがどういう事なのか体感的にわかる。


2019-08-04 12.13.15


山頂までもう間もなく、という地点に湧水への分岐。

ここで少し水を補給するつもりで背負う量を絞ってきた。


2019-08-04 12.14.19

2019-08-04 12.16.31


湧水までは藪の中に細く踏み跡が残っているような道を少し下る。

汲んだ水をまず頭からかぶってみると、飛び上がるほど冷たい。


2019-08-04 12.35.30


再び登山道に戻り、この木道が現れたら山頂直下。

12:30、結局後半はコースタイムトントンくらいになってしまった。

すっかりバテている、それでも全体の予定から見れば巻いているので少しゆっくりしよう。



山頂~下山~帰路

2019-08-04 12.42.03

2019-08-04 12.40.32

2019-08-04 12.43.47


山頂は賑わっていて、男1人が昼飯を広げる場所をなんとか確保してクッカーをアルストに乗せる。

かなり涼しい(確か20℃なかったはず)ので湯が沸くにも時間がかかる。

山頂には小さな社が2つ、他の登山客の話が聞こえたが、片方が群馬側、もう片方が長野側の山頂に祀られているのだとか。

2300mまで登ってくるとさすがの高度感、草津白根がこんなにも近く、低く、手が届きそうに見える。


2019-08-04 14.02.15


1時間ほどたっぷりと休み、下山開始、13:30。

登りが2時間ほどだったので、下りは目標1時間半、15時にデポ地に戻れればゆとりを持って駅まで帰れる。


2019-08-04 14.39.05

2019-08-04 14.39.40


途中、先行してたおばさんグループとデッドヒートを繰り広げながら、中間地点の分岐を往路とは違う方へ折れ、華童子の宮跡という草に埋もれた東屋があるだけの脇を下る。

こっちの方が木道が整備されていて登りやすいかもしれない。


2019-08-04 15.02.25


予定通り15時ちょうどにデポ地着。

仕度をしているとBMWのSUVを駆るじいさんが孫を連れて林道を登ってきた。

これから登るには随分遅いなと思っていると「ちょっと下見に」とのこと。

自転車には触れられずほっとする、もう「えっ?!」みたいなクダリをやるのも飽きてきた。


2019-08-04 15.39.11


ゴツゴツの下り3kmの林道をゆっくり20分くらいかけて、久しぶりの舗装路へ。

これでも普通に歩くよりはるかに速い、脚もくたびれない、手はちょっと痺れる。


2019-08-04 16.10.22


行きで水を買ったコンビニに再び立ち寄り、電車の時間を調べると「このまま真っ直ぐ向かって急いで輪行」するか「もう1時間先を待ってのんびり帰るか」の二択。

山行がけっこう巻いて終われたので、ここで迷わず後者を選びコンビニで涼みながらクーラーとマンゴー氷に酔いしれる。

山頂は少し寒いくらいだったが、ここまで降りてくるとその気配すらない。


2019-08-04 17.28.23


ゆっくり帰り仕度をし、17:30のホームから万座の街並みを眺める。

伏線回収の20座目、満足のいく仕上がりだったよ、まったく。



ライド編




にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングもクリックお願いします!