コメレオンblog

自転車に乗っている時のことをいろいろ話したい

2019年12月

山を渡る -三多摩大岳部録- 2 (ハルタコミックス)
空木 哲生
KADOKAWA (2019-12-13)
売り上げランキング: 1,766


第1巻からきっかり1年で、ようやく2巻が出た『山を渡る』。

マジで「やっとか!」と思った。

隔月連載で1巻あたり6話入っているとなると、まあそりゃ年1ペースになるか。

そんなジリジリした「待ち」の気持ちにしっかり応えてくれる面白みが詰まっていた。



続きを読む

2019-11-25 09.48.52


2019/11/25

働き方改革とやらのおかげで貯まりに貯まった有給、代休が最近もりもり消化できている。

この日も平日だったが有給を使ってライドアンドハイク。

今回のテーマは、ビブラムソールでガツガツ歩けるぜという触れ込みで買い替えたSPDシューズ『RUMBLE VR』はどこまで歩けるのか。

というわけで、リアキャリアは外して大きめサドルバッグ+ウェストポーチでの身軽な出発。

昼食・補給食・ウィンドブレーカー程度の最低限装備だけ詰め込んで、1時間ほどで登って下りてこられる低山を2つ梯子する計画である。



続きを読む

2019-12-13 21.34.45


勝手に「ライドアンドハイク」と呼んでいる、自転車で登山口まで行って山に登って帰ってくる遊びのおもしろさ(もしくはめんどくささ)を解説する第4回、忘れてたわけじゃないよ。

この間のamazonサイバーマンデーでついに決心してツェルトとシュラフを買った。

特に「絶対全部登ってやるぞ!」と決意したわけではなく、何となく始めたぐんま百名山ハントだが、当然と言えば当然で近場の低山のストックは回を重ねる毎に減っていく。

2020年、そろそろそんな時期にさしかかっているのだと思うわけだ。



続きを読む

2019-11-17 08.10.37


2019秋のツーリング祭りもこれで最後、なぜならもう寒いから。

今年の秋ライドを楽しめたのはこの日が最後である。

そんな2019/11/17、朝8時。

国道254号線から妙義、その向こうに浅間のレイヤーが見える快晴の空。

普段、幹線道路は何かと厄介なので避けているが、今回は254(ニコヨン)をずーっと行って内山峠を目指してみる事にする。



続きを読む

↑このページのトップヘ