2019-05-10 22.27.48


アクセス稼ぎに雑誌の提灯記事、みたいな事はやる気ないので、これは純粋に、そう純粋に良かったのでご紹介させてください。

BE-PAL、ご存じの通りアウトドア&キャンプ雑誌なのだが、6月号は特集「野山が待ってる!自転車ライフ」に加えて、ホグロフスとコラボしたアウトドア・ウォレットが付録として付いていて800円。

今号はもう自転車雑誌と言っていいくらいの寄せ具合。

バイクラやサイスポの「最新流行グラベルロード特集!」みたいのとはまた別のアプローチでよい。



付録の出来もけっこういい

2019-05-10 22.28.43


防滴素材でできていて、止水ファスナーもけっこうしっかりしてる。

なによりコンパクトなのが気に入った。

ライドポーチってスマホだのタイヤレバーだのパッチだのアレもコレも収納できますよ、って妙にデカくなってバックポケットからはみ出す前提なサイズのが多いけど、ああいうの嫌いなんすよ、背中グンッてなるから嫌い。

小銭と札とカード、あと鍵、そんだけのシンプルでコンパクトなやつがいい自分にはストライク。


内容も面白い。

環島(台湾1周)ツーリングが魅力的で、仕事辞めたらまず行きたい自転車旅ランキングの暫定1位に躍り出た。

輪行旅、キャンツー、野遊びなどなど、それぞれにスポットを当てたバイク選びから道具選び、パッキングまでのケースモデルも楽しい。

ライドアンドハイクもゆくゆくはテント積んで日帰りじゃ行けない山まで、なんて想像している自分としては、こういう特集こそ見てみたかった魅力的な内容だった。

素材・コンポ・スペックでゴリゴリになっていない、肩肘張らない遊べるバイク図鑑も眺めているだけでファットバイクとか乗ってみたろうかしら、みたいな気分になってくる。

浅く広く、自転車遊びの裾野を知れる気楽さがよい号でした。


んー、ハンモックなあ。

ハンモックもいいなあ。




にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログランキングもクリックお願いします!