コメレオンblog

自転車に乗っている時のことをいろいろ話したい

2018-10-07 13.40.47


勝手に「ライドアンドハイク」と呼んでいる、自転車で登山口まで行って山に登って帰ってくる遊びのおもしろさ(もしくはめんどくささ)を解説する第2回。

写真は2018年10月に、小野子山~十二ヶ岳と縦走しようとしたがトラブル続きでリタイヤした時の、そのリタイヤポイント。

今にしてみればこの時くらいから、漠然と自転車乗って山登るだけじゃダメだな、もっと考えなきゃな、と思うようになった。



続きを読む
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2019-05-18 11.21.16


2019/5/18

オフシーズンの間からあれこれ計画を練っていた赤久縄山(あかぐなやま)ライドアンドハイクにいよいよチャレンジしてみる事にした。

以前登った稲含山御荷鉾山の更に西側に位置する、多野郡~甘楽郡を分断する御荷鉾山系の最高峰、1500mちょいの山である。

自家用車で登山口までアクセスしてしまえばどんだけでも楽できるんだが、ライドアンドハイクとなると全く逆でどうルートを取ってもしんどい。

今後のライドアンドハイクを展開させていく上での試金石としても、いっちょやってみっか的なノリでライドパートにダートを入れてみたりした。



続きを読む
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2019-05-23 21.04.15


前から気になっていた靴紐を試してみることにした。

靴紐と言えば、今つかっている物で以前にこんな記事を書いている。

脚を痛めつけてくるSPDシューズをキャタピランでシメてやったらこうかはばつぐんだった


記事の通り、これでまったくもって問題ない日々を送っていたんだが、先日あったSPDシューズのまま斜面を登るシーンのようにソールが歪曲するくらいの負荷がかかるとちょっと緩い。

ゴムの柔軟性がアダになって、かかとがカポカポとすっぽ抜けそうになる。

まあこんな使い方する靴じゃないから僕が悪いんだけども。



続きを読む
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2019-05-12 08.48.33


2019/5/12、令和一発目のライドアンドハイク。

桐生方面では有名な山、鳴神山へ向かう。

これまで前橋から桐生方面へ抜けるコースをいくつか試していたが、どれもこれもしっくりこなかった。

赤城の南面を通ると起伏が激しくて到着までの消耗が大きいし、平坦重視で幹線道路を選ぶと交通量と信号の多さに辟易する。

今回、地図とにらめっこしながら「この辺を通ればいい感じに行けるんじゃね?」と、その2つの中間地帯をなるべく直線的に進めるルートを引いてみた。

ここを綺麗にクリアできると今後の展開にも期待できる。



続きを読む
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2018-09-23 10.20.12


「ライドアンドハイク」と呼んでいいのかどうかわからないまま、自転車で登山口まで行って山に登って帰ってくる、という遊びをやっている。

初めてやったのは昨年の9月、何度もヒルクライムしていた榛名山。

山登り自体をまだ始めたばかりで、装備もとりあえずクロスバイクにリアキャリアを付けてトレッキングシューズとバックパックをゴム紐で固定しただけという、今から考えると乱暴なものだった。

半年ちょっとこんな事を続けてみて、少しは形になってきたと同時に、続けるほどにわかってきたおもしろ味(もしくはクソめんどくささ)を不定期でポツポツ書いていきます。



続きを読む
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ