コメレオンblog

自転車に乗っている時のことをいろいろ話したい


2018-11-10 11.20.52


2人揃ってインドア派だった我が家で、まず僕が自転車に目覚めてしまい放っておくと休日に100km先まで行って帰ってくるような輩になってしまった。

約2年ほどかけて自然と肉体改造されていき、単純な体力としては同年代の中で平均より少し上くらいになったんじゃないかと思っている。

そして3ヶ月ほど前から嫁と山登りをする事になったのはいいのだが、そこにある純然たる体力差というものを感じている。

体力差のある2人が同じ行程を「うまく楽しみながら」進むのってなかなか難しい。



続きを読む
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


2018-11-04 10.18.13


次あたりはライドアンドハイクでここを攻めようかと計画している稲含山への下見として、登山口のある林道稲含高倉線というマイナースポットにGUSTOで訪れてみた。

どのくらいマイナーかというと、stravaのセクション記録が全期間で5名(僕含む)しかいないくらい、おかげで現在4位。

暦も11月に入り、そろそろ朝6~7時台に家を出ると肌寒さを感じるようになってきて、この日も天気こそ良かったが早朝の気温は10℃あるかないかといったところだった。

そんな時こそおすすめしたいのがメッシュアンダーウェア、というのが今回の趣旨。



続きを読む
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


ライド編

2018-10-28 09.09.18


トレッキングシューズに履き替えザックを背負い、改めて登山口より出発、9時10分。

当ブログは基本自転車ブログなので改めて説明を入れるが、妙義山には様々なルートがあり、単純に頂上を踏むだけの楽しみ方では終わらない天然アスレチックのような山。

しかし楽しいだけではもちろんなく、毎年滑落事故が発生する険しい側面もある。

コースは大雑把に分けると、妙義神社から山の中腹を進む難易度低めな「中間道コース」とゴツゴツした岩山の頂上を結んでいく高難度の「縦走コース」がある。

更に『裏妙義』とよばれる超高難度ミッションもあるが割愛。

ぐんま百名山にカウントされているのは表妙義の最高峰・相馬岳の1104mとなっている。



続きを読む
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


ハイク編

2018-10-28 06.58.56

(朝焼けに染まる妙義山、かっこいい)


2018/10/28

クロスバイクにトレッキングシューズやザックなどもろもろ山装備を積んでのライドアンドハイクも3度目。

前回の小野子山での苦い敗北から、改善していかなくてはいけない部分が見えてきた。

まずは自転車への荷物の積み方、それから山登りそのものの経験値もまだまだである。

山用バイクパッキングのバージョンアップについてじっくり考えた結果を試すために選んだのは妙義山。

日本三大奇景の1つにも数えられ、岩壁・奇岩が立ち並び転落事故も後を絶たない超上級で超危険な山だ。

ここで僕自身もレベルアップしたい、そんな思いを胸に出発する事となった。



続きを読む
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


2018-10-21 12.38.21


無事修理から戻ってきたGUSTO RCR TE Eliteで久々のロングライド、ぶどう峠を登ってきた。

帰ってから気付いたのだが、愛車を撮る自分の姿が石碑にばっちり映り込んでしまっていたので少々画像処理を、なんともかっこ悪い感じになってしまった。

しかしそんな事はどうでもよくて、この直後の下りでタイトルの通りかなりヤバめのハンガーノックに初めて陥ってしまい、まったく動けなくなってしまった。

向こう三年分くらいの幸運を使い果たす僥倖もあって事無きを得たのだが、今回はそうなるまでの過程と、そこからわかった事を恥を忍んで記録しておきたい。



続きを読む
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ